渋谷駅近くのマウスピース・裏側矯正専門で安い東京ビアンコ歯科・矯正歯科

渋谷で値段が安いマウスピース矯正

渋谷で値段が安い3Dデジタル・マウスピース矯正

 3Dデジタル・マウスピース矯正は、前歯の部分矯正に適したインビザラインよりも値段が安いマウスピース矯正です。インビザラインの個数限定の治療プランのライト(i-Go)やi7よりもおすすめです。料金はマウスピース矯正の個数に関係なく一律なのでトータルするとキレイラインよりも安い費用で済みます。渋谷で値段が安いマウスピース矯正をご希望の患者様におすすめです。

 マウスピースは一度の型取りで最終ゴールまで全てまとめてお渡しするので、時間のロスがなくキレイラインよりも短期間のマウスピース矯正です。

3Dデジタル・マウスピース矯正の特徴などをわかりやすく解説

ホームホワイトニングイメージ

chapter01

キレイラインで
満足できなかった方にもオススメ!

 格安を謳ったマウスピース矯正のキレイラインも「実際は安くなかった」「矯正が進まなく時間がかかる」「中途半端ま歯並びで終わった」と後悔されて東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院にカウンセリングに来られる患者様も多くいらっしゃいます。

 そのような患者様には3Dデジタル・マウスピース矯正がオススメです。

歯のマルチコントロールもできる3Dデジタル・マウスピース矯正

 3Dデジタル・マウスピース矯正は歯にアタッチメントを付けて歯の移動をマルチコントロール、つまり前後だけでなく上下左右と3D方向に歯の移動をコントロールして矯正することができます。
 キレイラインは、このアタッチメントがないので前後しか歯を移動できないので、中途半端な歯並びで矯正終了となります。

例えば上の図のように向かって左側の丸で囲った歯が短い場合、アタッチメントがあることで歯がマウスピースに引っかかり、引き伸ばす(挺出)ことが可能になります。

chapter02

前歯の部分矯正におすすめ
マウスピース矯正

<矯正治療例>

 写真は東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院の3Dデジタル・マウスピース治療例です。

【治療期間】6カ月

【治療費用】330,000円(税込)

副作用:矯正治療にともなう痛み・歯の動揺が生じることがございます。

 

 このような前歯の出っ歯の患者様もわずか6カ月で矯正終了になりました。

 3Dデジタル・マウスピース矯正は、このような前歯の歯並びの部分矯正におすすめのマウスピース矯正です。またマウスピースの個数の制限は特にないのでインビザラインの個数限定プランのライト・i-Go、i7よりもおすすめです。

 抜歯矯正などの本格的な歯列矯正にはインビザラインや、ワイヤー矯正にマウスピース矯正を組み合わせたコラボ矯正がおすすめです。

chapter03

3Dデジタル・マウスピース矯正
3つの特徴

特徴1:デジタルで治療期間が短い

 3Dデジタル・マウスピース矯正は、たった1回のスキャンで矯正治療のゴールの歯並びまで全てのマウスピースがまとめて製造され、患者様にお渡しいたします。

 3Dデジタル・マウスピース矯正はインビザラインと同じく、専用のデジタル・スキャナーで歯列を正確に光で読み取ります。

シミュレーションイメージ

 スキャンされた歯列データからバーチャルでゴールとなる矯正治療後の歯並びをシミュレーションします。

マウスピースイメージ

 1回のスキャンデータからシミュレーションされたゴールとなる矯正治療後の歯並びまで0.3~0.4ミリずつ歯が移動していくマウスピース用の歯型データが自動で作られます。
 患者様には1回のスキャンだけで全てのマウスピースをまとめてお渡しすることになります。
 マウスピースは患者様ご自身で交換するので、全て使い切るまで来院の必要はございません。

 マウスピースを1個つくる毎に歯型を取ってマウスピースをつくるといった時間のロスがないので、治療期間が短期間で済みます。

3Dデジタル・マウスピースの使用方法

 インビザラインと同じくマウスピースは1日20時間以上を目標に装着していただきます。
 マウスピースは1週間使用し、患者様ご自身で次のマウスピースに交換していただきます。

 一つのステップとなる歯並びでソフトとハードと2種類のマウスピースがワンセットになっています。ソフトで歯を移動しハードで固定します。また次の段階の歯並びにステップアップして、またソフト、ハードを使用する。これを繰り返して歯を移動していきます。

 最終ゴールの歯並びのハードのマウスピースは確実に歯列を安定させるために1ヶ月使用します。

インビザラインの使用方法

特徴2:マルチコントロールでキレイな仕上がり

 歯並びの矯正治療では、歯を前後だけでなく上下左右を全ての方向に移動させる、マルチ方向にコントロールする必要がございます。キレイラインなどアタッチメントがない他院のマウスピース矯正では前後方向しか歯が移動できず、歯並びの矯正治療に限界があります。

 東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院の3Dデジタル・マウスピース矯正はアタッチメントを歯に装着して、前後上下左右と3D方向に歯を移動しコントロールできます。これにより理想の歯並びに矯正することが可能です。

マルチコントールを可能にするアタッチメント

※実際には白い材料を使用します

 3Dデジタル・マウスピース矯正ではインビザラインと同じくアタッチメントが使用できます。アタッチメントはマウスピースが歯に引っかかることで、歯を3D方向に移動させることを可能にします。

 アタッチメントはマウスピースが変わっても歯の一定の位置にある必要がございます。また脱離した場合も正確に元の位置に付け直す必要がございます。デジタルによるマウスピース矯正ではデータ上でアタッチメントの位置が一定に記録されているので、それが可能です。

特徴3:一定料金だから費用が安い

一定料金でコスパがいい

 東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院の3Dデジタル・マウスピース矯正はマウスピースの個数に関係なく一定料金の値段設定です。インビザラインでも同様ですが、通常マウスピース矯正は計画した歯並びの70~80%しか、実際には歯が矯正できません。

 そこで残りの誤差を修正するために、数回追加して、マウスピース矯正を繰り返す必要がございます。
 東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院ではこのような誤差を修正のするためマウスピース矯正を追加でも、追加費用は発生せず一定料金なので、費用面でも安心です。

 マウスピースの個数が増えると費用が高額になるキレイラインよりも結局は安い費用で済みます。

 渋谷で安いマウスピース矯正をご希望の患者様におすすめです。

イメージ画像

chapter04

治療費用

3Dデジタル・マウスピース

  • 上または下330,000円(税込)
  • 上下550,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み

●マウスピースの個数に関係なく一定料金

3Dデジタル・マウスピース_イメージ

「!」アイコンご注意ください

 3Dデジタル・マウスピース矯正は前歯の部分矯正などに適用です。抜歯矯正など本格的な歯列矯正にはインビザラインやコラボ矯正が適用になります。

chapter05

マウスピース矯正の特徴

01

透明なので見えない

マウスピースは透明なので、他人から矯正治療中であることが気づかれません。

02

取り外し自由で
虫歯のリスクが低い

マウスピースは患者様ご自身で取り外しができ、お食事や歯磨きの邪魔になりません。

03

トラブルが少ない

マウスピースは1ミリ以下と薄く、違和感が少なく話しづらさもございません。

取り外しができ、お仕事、スポーツや楽器の妨げになりません。

chapter06

マウスピースを減らして短期間!しかも追加料金0円

裏側部分コラボ矯正

 裏側部分コラボ矯正は、前歯だけ裏側矯正で部分的にある程度歯並びを治した後に3Dデジタル・マウスピース矯正に移行する矯正治療です。

 ワイヤー矯正の方が歯の移動が早いのでマウスピース矯正単独よりも治療期間が短期間になります。

 費用も3Dデジタル・マウスピース矯正と同一料金なので値段的にもお得です。

 裏側部分矯正なら他人から見えません。

 部分矯正でも歯の移動量が多く、マウスピース矯正単独ではマウスピースの数がかなり多くなると予測され、難しい方にオススメです。

 他にも表側部分矯正、ハーフリンガル部分矯正との組み合わせもございます。

裏側部分コラボ矯正

  • 上または下330,000円(税込)
  • 上下550,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み
※3Dデジタル・マウスピース矯正と同一料金

裏側部分コラボ矯正

表側部分コラボ矯正

  • 上または下275,000円(税込)
  • 上下385,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み

表側部分コラボ矯正

ハーフリンガル部分コラボ矯正

  • 上下495,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み

ハーフリンガル部分コラボ矯正

部分矯正についての詳細は下記のページよりご確認ください。

矯正トピックス:キレイラインの適用は歯の移動量が1㎜程度

 東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院の矯正カウンセリングにキレイラインと3Dデジタル・マウスピース矯正と悩まれている患者様がいます。

 そのような方にはキレイラインは歯の移動量が1㎜程度の極軽い歯並びの矯正には向いている、とアドバイスしております。

 それ以上だと、マウスピースの個数が増えるに従い、費用が安いと言えないからです。

TOPに戻る