渋谷駅近くのマウスピース・裏側矯正専門で安い東京ビアンコ歯科・矯正歯科

裏側矯正より安いハーフリンガル矯正

東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院でも人気の裏側矯正よりも料金が安いハーフリンガル矯正

「?」アイコン ハーフリンガル矯正とは

 上の歯のみ裏側矯正、下は表側矯正がハーフリンガル矯正です。別名でコンビネーション矯正ともいいます。

 ハーフリンガル矯正は東京ビアンコ歯科・矯正歯科 渋谷院でもインビザラインと並んで人気の矯正治療です。

 ハーフリンガル矯正は上下ともの裏側矯正よりも快適で、費用も安いなど多数のメリットがございます。

 こちらのページでは、裏側矯正とハーフリンガル矯正のメリット・デメリットを比較しながら解説していきます。

chapter01

上の歯を裏側矯正にする理由

「?」アイコンナゼ上の歯は裏側矯正なのか?

上の歯は他人から目立ちます
 これまで歯並びを直したい、矯正治療に興味があるが、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置が他人から見えるのに抵抗感があり、歯列矯正を始めるのを悩んでいた患者様も多いと思います。

裏側矯正は他人から見えません

 会話をする時、食事をする時など、上の前歯は歯の中で最も他人から見えます。

 そこで見える上の歯は裏側矯正にします。
 上の歯を裏側矯正にすれば、他人から矯正装置が見えず、気になりません。

chapter02

下の歯を表側矯正にする理由

快適性と衛生面を優先

 下の歯までも裏側矯正にした場合、矯正装置が舌が常に接触します。舌感が悪い、話しにくい、中には我慢できずに翌日には外して欲しいという患者様もいらっしゃいます。

 また下の前歯の裏側は歯石が最も付着しやすく、裏側矯正ブラケットの周囲に歯石が付くと歯肉炎・歯周病の原因になります。

 そこで下の歯は快適性と衛生面を優先して表側の歯列矯正にしてます。

下の歯は目立たちません

 下の前歯の大部分が口唇に隠れて、他人からあまり見えません。

 そこで下の歯は半透明の目立たない白いブラケットにすれば表側矯正でも目立ちません。

仕上がりもキレイ

下の裏側矯正は矯正治療に不利な条件が多い

 下の前歯は幅が小さく、そのため隣接するブラケット間の距離が短くなります。

 歯列の内側は外側よりもアーチが狭くなるので、下の歯の裏側矯正では更にブラケット間の距離が短くなります。またアーチのカーブも強くなります。

 矯正ワイヤーがブラケット・スロット(溝)に入りにくい、歯の動きが悪い、ワイヤーを曲げるベンディングでの微修正が難しい、舌が施術の邪魔でになる、歯石がブラケットのスロットに入り込むと歯の移動が阻害される、などネガティブな要素が多数ございます。

安い費用・料金で済む

 一般的に裏側矯正は表側矯正に比べてブラケットを製作するコストが高くなります。

 また裏側矯正用のワイヤーはアーチの形状も特殊でコストが高くなります。

 下を費用が安い表側矯正にすることでコストを節約できます。

 値段が安いセミオーダー裏側矯正でも以下のように料金を比較するとハーフリンガル矯正の方が安い料金設定になっています。

 小臼歯抜歯の矯正になると更に差額が大きくなります。

ハーフリンガル矯正費用

  • 非抜歯770,000円(税込)
  • 小臼歯抜歯935,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み

ハーフリンガル矯正_イメージ

セミオーダー裏側矯正費用

  • 非抜歯880,000円(税込)
  • 小臼歯抜歯1,100,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み

セミオーダー裏側矯正_イメージ

chapter03

東京ビアンコ歯科/矯正歯科 渋谷院の
ハーフリンガル矯正治療例

ハーフリンガル歯列矯正のビフォー・アフター治療例です。治療期間は2年4ヶ月で、治療費用935,000円(税込)のハーフリンガル治療例です。上下左右の第一小臼歯を抜歯しています。

Before/After

咬み合わせが深い方のハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正_イメージ

ハーフリンガル矯正_イメージ2

 咬み合わせが深い(ディープ・バイト)の方は上の裏側矯正の装置に下の前歯が当たるので、奥歯にレジンという材料を盛って咬み合わせをリフトUPする必要がございます。

ワイヤー_イメージ

加えて、下の前歯の高さを水平に反り曲がったリバースカーブワイヤーで押し下げる(圧下)、または奥歯(臼歯)を引き出す(挺出)する必要がございます。

chapter04

費用が安いセミオーダー・ハーフリンガル矯正

 セミオーダー・ハーフリンガル矯正では値段が安いのに治療成果が高い裏側矯正を上の歯に採用しております。

 コストが安い既製品のブラケットとワイヤーを使用しています。

 ブラケットが歯に付く部分はレジンという材料で個々の歯に適合するようにオーダーメイドで加工いたします。

 さらに個々の歯には専用のトレー(リンガルコア)でブラケットは正確な位置に接着されます。

小さな裏側矯正ブラケットで快適に

 使用される既製品の裏側矯正ブラケットは小さく薄く違和感が少ないクリッピーLを採用しています。

 セルフライゲーションと呼ばれるクリップ開閉式でワイヤーを簡単に着脱できるので、患者様が口を開けている負担が少なくて済みます。

 ブラケットとワイヤーに摩擦抵抗が少ないので歯の動きが早く、痛みも少なくて済みます。

 ワイヤーを確実に装着できるので仕上がりもキレイです。

セミオーダー・ハーフリンガル費用

  • 非抜歯 770,000円(税込)
  • 小臼歯抜歯 935,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み

セミオーダー・ハーフリンガル費用

chapter05

フルデジタル・ハーフリンガル矯正

上の裏側矯正をハーモニーというブラケットとワイヤーを全てデジタルでオーダーメイドされる精密な裏側矯正を使用したハーフリンガル矯正です。

フルデジタル・ハーフリンガル費用

  • 非抜歯880,000円(税込)
  • 小臼歯抜歯1,045,000円(税込)

●検査料・通院管理費・リテーナー代込み

デジタル・オーダーメイド裏側矯正の詳しくは下記のページでご説明しております。

TOPに戻る